行き詰っている人へ☆肩の力を抜き、本能や感覚を呼び覚ませ!

エンタメ作品(メイン)

日々の生活に疲れた時こそ、シンプルに過ごそう☆

 

 

<今回のオススメ!  名曲キーフレーズ Pick up>

 「Wild Child」 Enya  より引用↓↓

 

ヒーリングミュージックの第一人者としても名高い、アイルランドの歌姫エンヤ☆

 

ケルト音楽が大好物な私でなくても、あの音楽は誰もが癒されるのではないでしょうか。

 

この曲は映画「冷静と情熱のあいだ」の主題歌としても、すごく有名ですよね。

 

ここでは、廃れることのないエンヤの楽曲を引用しながら、真の癒しを追及していきます☆

 

 

思い通りにならないなら、流れに身を任せてみる

シンプルに「生」を感じる

 

解釈は様々なようですが、曲名の「Wild Child」は「反抗的な子供」という和訳ができます。

 

 「どんな日も反抗的な子供のように、思い通りにならない。

なるようにしかならないから、流れに身を任せましょう。。。」

 

思い通りにならない日々を子供に例えているのが面白いところですね。

 

そして他力本願な私は、こういう歌詞は全肯定です☆w

 

 

この曲は、

 

「目を閉じて足を止め、耳を澄まして生きているという事を常に感じましょう」

 

という冒頭から始まるのですが、

 

 

毎日の慌ただしさや喧噪で、色んな事が見えなくなり生きている心地もしない。。。

 

そんな時は、この歌詞のように立ち止まってゆっくり過ごすのもいいですよね。

 

 

ただただ自然に身を任せて、感覚を研ぎ澄まし、「生」を感じながら過ごす…☆

 

そんなシンプルさが、「時は金なり」のせわしない現代人には必要なのかもしれません。

 

 

 

自分の本能や感覚を研ぎ澄ましてみる

「Reach for the sky」倉木麻衣 より引用
「今心解き放し 風そよぐ丘で 高く広がる空に 思い切りアハハと笑ってみようよ」

 

たまにはスマホ(機械)から離れてみる

 

わき目もふれず、目的にまっしぐらに向かっていくのも素晴らしい事です。

 

しかし、そんな日々の中、喜びや感動など“人として大切なもの”を見逃していることもあります。

 

そんな自分の感情や感覚、本能のズレなどの小さな蓄積によって、

 

何のために走っているのか(生きているのか)等、次第にわからなくなったりするのです。

 

 

今はナビがあれば簡単に目的地に辿りつける世の中になりましたが、

 

そういうものに頼りすぎて、人は本能や感覚等をあまりに使わなくなってしまっています。

 

機械に頼らなくても行けそうな近場でも、すぐナビったり(^^;)

 

そんな風に元々備わっている方向感覚などの機能を使わなくなったがために、

 

低下している人は実際けっこういるのではないでしょうか。

 

 

たまにはスマホを置いて自然の中を散歩したり、電子書籍ではなく紙の本を手に取ったり…

 

機械から少し離れて過ごす事が、私達現代人には必要なのだろうと日々感じています。

 

 

友人と海に行った時の話

 

昔、地元の友人何人かで遊んでいた時に、突然誰かが「海見たい」と言い出しました。

 

地元から一番近い海まで少なくとも3時間以上はかかります。

 

しかし、ノリで「よし、行こう!」と盛り上がり、急遽車を走らせたのですw

 

ちなみに、それ言い出したの夜なんですけど…若いってすごいw (今じゃムリや~)

 

友人が車を出してくれたんですが、その車にはナビも地図もありませんでした。

 

その頃はスマホもまだ普及されておらずモバケーの時代でしたし。(年齢がバレるw)

 

そして、そこにいた全員が海までの道のりをなんとなくしかわかっていないという…(汗)

 

でも、「なんとか着くだろ~」と、ノープランで出発することにw

 

だいたいの方向はわかったので、近くまでは高速などを使って行ったのですが、

 

高速降りて一般道になると、やっぱり「あれ、右かな?左かな?」となるわけですw

 

 

「右じゃね?なんか海っぽい!」とか、根拠のない事を誰かが言い出し、

 

「窓開けろ!どちらからか海の匂いがするはずだ!」とわけのわからない発言も続き、

 

「こんな田舎じゃ海どころか牛糞の匂いしかしねーぞ!」とツッコミを入れる人もいたりw

 

みんなふざけて完全に悪ノリ状態でしたけどねw

 

そんな夜中の迷走ドライブとなったんですが、それはもう楽しくて楽しくて☆

 

 

結局途中のコンビニで店員さんに道を聞いたりして、なんとか朝方に海に辿り着きましたが。

 

そんな時間の過ごし方をした結果、

 

「もう海に辿り着かなくてもいいかw」と本来の目的がどうでもよくなってしまうくらい、

 

道中楽しすぎて、よき思い出になったのでした☆

 

 

目的だけのためにムダな時間を省いて合理的にただ向かうのではなく、

 

時にはふざけて笑いながらムダな時間を楽しんだり、機械に頼らず自分の感覚を信じること。。

 

実際のところ、方向感覚がうまく使えていた人がいたかは謎でしたけどw

 

でも、そういう時間が人生を輝かせてくれるのですよね☆

 

 

遠回りが大事なことに気づかせてくれることもある

 

思い通りにいかず人生に疲れてしまっていたり、毎日が楽しくない時。。

 

目的地にたどり着くことばかりで、大切なものを見過ごしていませんか?

 

的確な機械が最短ルートで私たちを目的地にたどり着かせてくれるのに比べて、

 

自分の感覚で決めた道は迷ったり間違ったりして、遠回りになってしまうかもしれません。

 

でも、その道中で出会う一見ムダなようなことが、人生に彩りを与えてくれたりします。

 

肩に力が入っていると、自分の感覚や感情、本能が働かなくなってしまう事もあります。

 

そして、ますます色々な事を見失ってしまったり…。

 

時には、張りつめている緊張を解き、心をほぐしながら生きていきたいものです☆

 

 

「Wild Child」 Enya
「Reach for the sky」倉木麻衣
                                    
タイトルとURLをコピーしました