夫が病院の不妊検査になかなか踏み切れない時☆夫婦で協力は不可欠

エンタメ作品(メイン)

第三部「妊活する男性(ビギナー)に知ってほしいアレコレ★」

 

 

<関連記事>

 

漫画「コウノドリ」より引用
「妊娠しない男性には大変さが伝わらなくて当然だけど、理解してもらうのが大事」

 

長きに渡って不妊治療を行ってきた知人がいます。

 

妻の方は検査をしても特に異常がなかったため、男性の不妊症も疑われました。

 

しかし、夫が検査など断固拒否し、最後まで病院へ行くことはなかったのです。

 

それでも妻は、やれることはなんでもしました。

 

病院にも通い続け、懸命に不妊治療もしました。

 

しかし、結局妊娠する事は出来ませんでした。

 

原因は最後までわからずじまいだったので、夫だけのせいとは言えません。

 

しかし、いくら女性が積極的に妊活に励んでも、

 

夫が非協力的だったら成り立たないのも妊活だと、私は思います。

 

言うまでもなく、子は夫婦二人で成し得るものだからです。

 

 

男性の不妊検査

まずは自宅でも出来るものからチャレンジ

 

実は意外と多いとされているのが男性の不妊。

 

「妻がなかなか妊娠しないのは、もしかしたら自分に原因があるのでは?」

 

と不安に思う男性もけっこう多いんじゃないかなと思います。

 

でも、病院での精液検査って絶対勇気が要るし、抵抗もあるはず…。

 

妻が妊活に勤しんでいる中、ヤキモキしながら過ごしている旦那様もいるかもしれません。

 

そこで、まずは簡易的ではありますが、病院に行かずして調べてみませんか?

 

 

精子検査キット「プレグナクト」

 

誰にも知られず調べたい方にもおすすめなのが、自宅で出来る検査キットです。

 

 

こちらは「精液量」「精子濃度 」「総精子数」「正常形態率」の4つの項目の検査ができます。

 

検査結果も見やすく、WHOの基準値との比較も出来るので参考にしやすいという利点も。

 

見やすさを考えると個人的にはやはり画像付きがおすすめですが、

 

より安く済ませたい方は、画像付きのより千円くらいお安い画像なしのタイプもあります。

 

ウチの夫も1回分を購入して使用しましたが、結果、数値などに問題はありませんでした。

 

その後、数か月後に妊娠にも至ったので、結果も間違ってなかったのかなと思います。

 

1回だけの検査だと不安という方は、3回分のキットの方がお得なようですよ。↓こちら。

 

その他

 

他にも、精子セルフチェック「Seem(シーム)」というものがあるようです。

 

キットさえ購入してしまえば、あとはスマホがあれば自分で検査出来るとのこと。

 

ですが、上記の「プレグナクトEX」のような郵送タイプの方が、

 

臨床検査技師による確かな検査結果が出るとされているので、個人的にはおすすめかなと。

 

採取して郵送するだけなので、自宅で色々と自分で検査するよりも実は簡単ですし☆

 

逆に「Seem」の方は、郵送不要なのと、検査結果を待たなくていいのがメリットですね。

 

 

不妊に備える最良の選択は「知ること」と言われています。

 

妊活における不安要素は一つずつ確認していきたいものですね。

 

 

タイミング法の落とし穴

排卵日を把握し、妊娠しやすい時期にタイミングを取るのは妊活の基本です。

 

しかし、それを意識しすぎてしまうと、そこしかタイミングを取らなくなったりするので、

 

実はそれが妊娠のチャンスを逃す事にもつながっているのではないかと私は思います。

 

 

私の二人目妊娠時は妊活していなかったのに自然妊娠したのですが、

 

「その周期だけどうやら排卵が遅れていたみたいだね」と医師に言われました。

 

いくら狙いを定めても、このように排卵はズレたりしますし、

 

回数が少ないとそれだけ妊娠のチャンスも減ってしまうのではないかと思います。

 

 

精子は毎日出すと濃度が下がり妊娠しにくくなる…という噂?もあるようですが、

 

このことから妊娠しやすい時期に1日置きでタイミングを取ったほうがいい、など、

 

そんな情報もあるみたいですね。

 

しかし、私の体験談から言わせてもらいますと、

 

妊娠しやすい期間であれば、出来ればタイミングは毎日取った方が絶対にいいと思います。

 

そうじゃない期間でも妊娠する可能性はゼロではないからです。

 

精子は毎日作られるので問題ないという情報もありますし、

 

タイミングの回数はあまり減らさない方がいいと思います。

 

 

しかし、それがストレスになるようであれば本末転倒だと思うので、

 

妊活だけの行為ではなく、夫婦のコミュニケーションとしても大事にしながら、

 

夫婦間で無理なくタイミングを取っていくのがベストかなと思います★

 

 

男性の妊活あれこれ

ウチの夫もジムに通って適度な運動をしたり、脂っこすぎない食事などを心がけていました。

 

また、下半身を締め付けるのは良くないらしいので、ボクサーパンツではなくトランクスを。

 

そしてジーパンなどもあまりタイト過ぎずストレッチが効いているようなものを履いたり。

 

 

男性の妊活にいいとされているサプリは、マカや亜鉛や葉酸などをよく聞くんですが、

 

全部はちょっと大変かなと思い、ウチの夫の場合は亜鉛のサプリだけ飲んでいましたね。

 

亜鉛不足になると精子量など男性機能が下がるんだそうです。

 

妊活に限らず、夫の健康維持にもいい事なので、無理なく続けられたのもよかったです。

 

私だけでなく夫も一緒になって色々頑張ってくれた事も、やはり心強かったですね。

 

妊活は夫婦のコミュニケーションも深まるいい機会だと思います☆

 

辛い時も一緒に頑張ったという日々は、これからの夫婦生活にとって必ずプラスになります。

 

お互い支え合いながら、無理なく妊活頑張っていただけたらと思います♪

 

ドラマ・漫画「コウノドリ」

医者であり、ジャズピアニストでもある主人公鴻鳥サクラによる、産婦人科医療のリアルとヒューマンドラマをベースにした作品。


タイトルとURLをコピーしました