幸せな自分に生まれ変わる方法☆ハッピーバースデー!

エンタメ作品(メイン)

誕生日の幸福論☆「ありがとう」は無敵の言葉です!

 

 

<今回のオススメ!  名曲キーフレーズ Pick up>

「かわらないこと ~since 1976~」 KOKIA より引用

「ずっとあなた守り続けた 静かな愛に気づいた ありがとう」

「アルバム開いて気づいたことがある 私が産まれた日 みんな笑っていた」

 

 

たとえ今が幸せじゃなくても…

最初は孤独なハリーポッター

 

「誕生日」と聞いてよく頭をよぎるのは、映画「ハリーポッターと賢者の石」のシーン。

 

幼い頃に両親を亡くし叔母さんの家で育ったハリーには、

 

誕生日を祝ってくれるような家族はいませんでした。

 

11歳の誕生日の日に、床の埃でバースデーケーキとろうそくを自分で描き、

 

「おめでとう、ハリー」と呟きながら、描いたろうそくを吹き消すハリー。

 

 

このシーンを見るとなんとも胸がつまるような気持ちになります。

 

でもハリーはそのままずっと孤独で不幸のままではありません。

 

辛く寂しい誕生日を送る人が未来永劫ずっとそうではないように、

 

「生まれてきてくれてありがとう」と言って祝ってくれる人が隣にいる…。

 

そんな未来が待っていたりするのです。

 

誕生日は、素敵な未来に思いを馳せて過ごす日でもあるのです。

 

 

幸せになれる、誕生日の過ごし方

母を想う日

 

私は母に似て難産体質で、子供もなんとかやっと産みました。

 

出産を経験し、母も頑張って私を産んでくれたんだという事がよくわかりました。

 

私の母はすでにこの世にはおりません。

 

しかし、自分の誕生日になる度に母を想います。

 

自分を祝う気持ち以上に、母に対しての感謝の気持ちを。

 

そして、「産んでくれたのだから、精一杯生きなければ」と、背筋が伸びる日でもあります。

 

 

感謝を思い出す日

 

生きていれば、「生きるのってしんどいな…」と思う日だってありますよね。

 

人生いい時ばかりじゃありません。

 

でも、悪い時ばかりでもありません。

 

全てが「未来」に繋がっていて、なくていい経験なんてない。

 

出口が見えないような暗く心細い夜も、いつかは明けるのです。

 

未来を創るのは今の自分なのだから、「今」を変えれば未来も変わるかもしれません。

 

それは、ちょっとした視点の切り替えだったり、ちょっとした勇気だったり。。

 

 

普段忘れがちな、でもずっとかわらない「感謝」を思い出す事が大切です。

 

産んでくれた母だけじゃなく、家族、友達、恋人、先生、仲間など。

 

今はそばにいなくても、遠く離れてしまっても、たとえこの世にいなくても、、

 

自分を大切にしてくれたり支えてくれたという事を、いつまでも忘れないこと。

 

 

自分を愛してくれた人がいたという記憶や事実は、何よりも自分を強く優しくします。

 

感謝の気持ちにより心があたたかくなり、幸せな気分に一変することができます。

 

そんな自分の思考により、見える景色が変わる=世界が変わって見えるのです。

 

 

自分次第で人はいつでも生まれ変われる

 

「ありがとう…」KOKIA より抜粋

「もしも もう一度あなたに会えるなら たった一言伝えたい ありがとう ありがとう」

 

私にとって「誕生日」は思い出す日です。

 

人は自分がどれだけ愛されてきたか、または愛されているか忘れて過ごしていたりします。

 

それを思い出した時、自分がどれだけ多くの人に支えられて生きてきたのかを思い知ります。

 

そして、心があたたかくなり、まさにそのあたたかさこそが幸せだと気づく…。

 

今日が誕生日じゃなくても、大切な事を思い出す度に新たな自分に生まれ変われます!

 

もし今日辛かったなら、希望や愛に満ちた明日の自分へ生まれ変わりましょう☆

 

多くの「ありがとう」を思い出して、新しい自分の門出を祝いたいですね!

 

生きている限り、人は何度だって生まれ変われる!と、私は信じています。

 

 

「かわらないこと ~since 1976~」 KOKIA
「ありがとう…」KOKIA 
タイトルとURLをコピーしました