「アナ雪」エルサに学ぶ☆ありのままの自分で、世界も変わる!

エンタメ作品(メイン)

日々変わっていく世界で、自分はどう生きていくかを考える☆

 

 

<今回のオススメ!  名曲キーフレーズ Pick up>

 映画「アナと雪の女王」 劇中歌~ありのままで~より引用 

「とまどい傷つき 誰にも打ち明けずに悩んでた それももうやめよう」

 映画 「アナと雪の女王2」 劇中歌~みせて、あなたを~より抜粋 

「こんな私がなぜ生まれてきたのか みんなと違うこと悩んできたわ」

「大きな力受け入れ 新しい自分になる」

 

 

社会ブームを起こしたアナ雪

みんな「ありのまま」に生きたい

 

ウチの子もアナ雪が大好きで、当時はよく歌っていました☆

 

エルサのような魔法の力を持っていなくとも、

 

人とは違う事に不安や劣等感を抱いたり、どこかで自分を殺して過ごしていたり。

 

そんな風に、みんな生きづらさを感じていたりします。

 

けれど、「でも本当は“ありのまま”の自分でいたい!」と。

 

そんなメッセージ性のある“アナ雪”だからこそ、多くの共感を呼んだのでしょう。

 

 

時代を先取りするストーリー

 

続編「2」が公開になり、私と子供の二人で映画館に見に行きました。

 

帰ってからパパに感想を求められた子供は、「エルサが白くて綺麗だった」とか、

 

「馬やトカゲが出てきた」とか「ハンスは出てこなかった」とかそんな感じでしたw

 

内容を聞いても「ええっとね。。」と感想をなかなか言えないくらい、

 

子供には少し難しい内容かなぁと思ったりしましたが(^^;)

 

続編「2」の方が内容的に刺さったという大人の方もけっこういるんじゃないかな。

 

続編「2」は、エルサの魔法のルーツに迫るストーリーとなっています。

 

エルサが「自分は何者であるか」など葛藤したり、差別や迫害された種族たちも出てきたり。

 

前作に続いて、さらにメッセージ性が強く、奥が深い内容でしたよね。

 

 

エルサのようなマイノリティが生きづらさを感じてきた今までの時代を顧みるだけじゃなく、

 

これまではなかなか受け入れられなかった個性や能力を発揮できる新しい時代の到来を。

 

そして、そんなこれからの時代を生きていく上での多くのヒントをくれるような、

 

まさに時代を先取りしている作品だなぁと、アナ雪を見ると思うのです☆

 

 

占星術による、新しい時代(水瓶座時代)の到来の示唆

 

2020年12月22日にパワーが絶大な3天体(木星・土星・冥王星)が水瓶座で重なり、

 

世の中は「山羊座時代から水瓶座時代へ」と移り変わるとされています☆

 

木星と土星だけでも重なるのは稀です。

 

しかし、さらにレアなことに、冥王星は約250年かけて12星座を巡るというのだから、

 

「きっと何かすごい事が起きる!!」ということらしいのです。

 

時代が大きく変わる時というのは、今までの概念が一度ぶっ壊れる必要があるようです。

 

その「破壊」のきっかけとして起きたのが、今回のコロナウィルス感染拡大という事を、

 

多くの星読み師たちが指摘しています☆

 

破壊と再生は対なのですね。。

 

 

コロナウィルス感染拡大の自粛生活から見えてきたもの

「エロマンガ先生」からも感じる、引きこもりが活躍出来る時代の到来

 

アニメ(漫画)「エロマンガ先生」より引用

「部屋を出たら負けだと思っているわ」

 

コロナウィルスによる影響で家での生活を余儀なくされた私たち。

 

「テレワーク」やら「ZOOM」やら、オンラインを駆使したりと新たな生活を経て、

 

「なんだ、外出しなくたって、やろうと思えば色々家で出来るんじゃん!」

 

と改めて思い知った人、ぶっちゃけ多いのでは?(私もそうです。苦笑)

 

 

アニメ(漫画)エロマンガ先生でも、主人公の和泉政宗は引きこもりではないけれど、

 

高校生の傍ら、ライトノベル作家として生計を立てています。

 

そして、義理の妹の紗霧に関して言えば、完全なひきこもりなわけですが、

 

実は主人公(義兄)政宗のラノベ作品のイラストレーターだったわけですね。

 

 

「エロマンガ先生」は、

 

学生であっても、引きこもりでも、やりたい事が出来る時代になってきたという、

 

新しい時代の到来と可能性を感じさせるような作品だと私は感じます☆

 

 

今までの「常識」が崩れ去った時、世界が生まれ変わっていくのでしょう。

 

それと同時に、今までの「出来なかった」を「出来る」に変えていく事が、

 

“世界を変える”ということなのかもしれませんね。

 

 

変化に適応しないものは、やがて淘汰されていく

 

世界や時代が変わる時、それを理解し、変化(適応)していく努力を重ねる事。

 

それこそが、今私たちに必要な心構えなのだと思います。

 

しかし、私たちはホメオスタシス(生体恒常性)という機能が備わっている関係で、

 

どうしても変化する事に対して抵抗感が伴いがちになってしまうと言われています。

 

一方で、変化に適応できないモノは、滅びてしまうというのも長い歴史が物語っています。

 

いつまでも古い常識に囚われたままでいると、時代に取り残されてしまいます。

 

 

一歩踏み出す勇気で、世界が変わるとしたら?

個性が重要視されるような世界へ

 

マイノリティと呼ばれる人たちが迫害に遭いやすい時代を、私たちは生きてきました。

 

しかし、これからは個が重要視されると言われている水瓶座時代。

 

違う者同士が互いに尊重し共存する時代になると言われています。

 

人と違う事を恐れず、ありのままの自分を誇りに思えるような時代が来たら素敵ですよね☆

 

 

そんな時代の一員として馴染む為にはどうすればよいか?

 

それは、自分と向き合い、他者を受け入れ、変わる努力をする事ではないでしょうか。

 

エルサのように勇気と希望を持ってその一歩を踏み出せば、見える世界がきっと変わります☆

 

 

一人の小さな意識が、大きな一歩に

 

私たちの小さな意識が世界中にジワジワと拡散していって、

 

それが世界から差別や戦争をなくすような大きな事に繋がっていたりすることも!?

 

「転がる岩、君に朝が降る」 ASIAN KUNG-FU GENERATION より引用
「出来れば世界を僕は塗り変えたい 戦争をなくすような大それたことじゃない
 だけどちょっとそれもあるよな」

 

大きな大きな世界が、私たちの小さな小さな意識の一つ一つで変えれるのだとしたら…

 

あなたは何を思い、自分を、そして世界をどう変えていきたいですか?

 

 

 

映画「アナと雪の女王」

いわずもがな、前作と続編も大ヒットとなったディズニー映画です。なんでも凍らせてしまうという魔法の力をもったエルサと妹アナが困難を乗り越えながら、姉妹の絆を深めたり、真実の愛に気づいたりする、愛と感動の物語です。

 

アニメ(漫画)「エロマンガ先生」

高校生でライトノベル作家でもある主人公の和泉政宗には、引きこもりの義理の妹、沙霧がいますが、その妹が実は自分の作品のイラストレーターという事が判明し…そんな義兄と義妹によるドタバタコメディです。

「転がる岩、君に朝が降る」 ASIAN KUNG-FU GENERATION 



タイトルとURLをコピーしました